2009年09月21日

仕訳のキマリ(基本!)

仕訳にはルールがあります。このルールにしたがって仕分けする限り、最後の数字までぴったり合うように簿記はできています。
そのルールとは、



















借方貸方
資産資産の増加(+)資産の減少(−)
負債負債の減少(−)負債の増加(+)
純資産純資産の減少(−)純資産の増加(+)
収益収益の減少(−)収益の増加(+)
費用費用の発生(+)費用の減少(−)


このキマリ・規則をきちんと覚えてしまえば、仕訳が楽ちんになります。



覚え方としては、「資産と費用の増加は借方!」あとは反対と覚えておくとよいでしょう。問題をたくさん解いていくうちに考えなくてもわかるようになります(^.^)



サイトの方に問題を作ったので、時間のある方は試してみてください。

仕分けのキマリ問題 日商簿記検定3級自習室




ブログ村に参加しています応援クリックお願いします
にほんブログ村 資格ブログへ

他の優良ブログも見れますよ☆

他の亮庵サイト↓
危険物取扱者 乙4自習室 危険物取扱者 乙種総合自習室 漢字自習室










posted by ROI at 20:30| 仕訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

売買目的有価証券の購入

T社の株を売買目的で、1株につき5,000円を1,000株購入し、手数料100,000とともに小切手で支払った。

借方:
貸方:


注意しなければならないのは、
手数料を費用として「支払手数料」などにしてしまわないこと。
売買目的有価証券の購入費用は、保有時の資産額に含まれます。

携帯の人向け答え
タグ:有価証券
posted by ROI at 00:00| 問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。