2009年05月04日

「現金」勘定として扱われるもの

次のものは、簿記では「現金」勘定で扱われます。
しっかり覚えておきましょう。

他人振り出しの小切手
期日到来後の公債・社債の利札
郵便為替証書
株式配当金領収書

(難しいですね。)

他人の振り出しの小切手が現金勘定なのは、授業や参考書で何回も出てくるので、結構覚えてるけど、

配当金領収書などは、突然出てくると借方か貸方かさえ分からなくなるので要注意です。


posted by ROI at 19:23| 勘定科目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

「手付金」の勘定科目ってどうなのよ

「手付金」

商品を注文し、代金の一部を手付金(内金とも)として 30,000円 現金で払った場合↓

仕分けは、












借方貸方
前払金 30,000現金 30,000


手付金、内金などを支払った場合は、「前払金」勘定と使います。
前払金は「資産」の部です。


逆に、商品の注文を受けた際に、受け取る手付金は「前受金」勘定で処理します。
posted by ROI at 06:11| 勘定科目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。